教員研究業績  
    (最終更新日:2017-01-21 00:31:22)
  シラミズ シゲヒコ   Shiramizu Shigehiko
  白水 繁彦
   所属   グローバル・メディア・スタディーズ学部 グローバル・メディア学科
   職種   教授
■ 研究テーマ
「イノベーション社会学」:文化変容の社会学的、文化心理学的研究。新製品や新機軸の普及過程の解明。
「エスニシティの社会学」:地域アイデンティティやエスニック・アイデンティティの形成過程、とくに日系人や沖縄系の人びとの文化とアイデンティティの変容過程の解明
■ 学歴
1. 成城大学 文藝学部 卒業
2.
(学位取得)
立教大学 博士
3. 1985/08~1986/08 University of Hawaii, Manoa
4. 1977/04~1978/03 Graceland University
■ 著書・論文歴
1. 著書  『ハワイ日系社会ものがたり~ある帰米二世ジャーナリストの証言~』 (共著) 2016/09
2. 論文  「ディアスポラ・エージェント研究~オーストラリアにおけるブラジル映画祭主催者の事例~」 (単著) 2016
3. 著書  『ハワイにおけるアイデンティティ表象~多文化社会の語り・踊り・祭り~』 (共著) 2015/03
4. 論文  「女性が「自立」するということ~ライフストーリーから読み解く高学歴女性の適応のストラテジー~」 (単著) 2015
5. 論文  「在日外国人とメディア~ブラジル人架橋アクターの語りとメディアのあり方~」 (単著) 2014/03
全件表示(48件)
■ 学会発表
1. *(ハワイ、北米における学会、会議への参加)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2011/03 教科書として『イノベーション社会学』(御茶の水書房)を制作
2. 2008/03 教材として「移動する人びと、変容する文化」(御茶の水書房)を制作
3. 2007/12 教科書として「現代地域メディア論」(日本評論社)を制作
■ 主要学科目
イノベーションの普及、国際移動とメディア、コミュニケーション社会史、エスニシティの文化心理学
■ 授業の進め方
パワーポイントによる内容提示、フィールドワークで撮影した映像など視聴覚資料の提示
■ 所属学会
1. マスコミュニケーション学会
2. 移民学会
3. 社会学会
4. 小諸町並み研究会
5. 総合観光学会
■ 社会における活動
1. 地域活動の顧問等
2. 八代次世代のためにがんばろ会等
3. 1995~ 神奈川県広報ビデオ審査委員
4. 1990~1991 CNN DayBreakキャスター
■ 委員会・協会等
1. 財団法人放送番組国際交流センター(JAMCO)
2. 2007~ 番組交流評価委員会 副委員長
■ ホームページ
   白水繁彦のホームページ
■ 運営活動
1. 2015/04/01
2017/03/31
駒澤大学大学院グローバル・メディア研究科委員長
2. 2010/04/01
2011/03/31
総合情報センター所長