(最終更新日:2018-06-08 16:09:43)
  カンノ ヨウスケ   
  菅野 洋介
   所属   文学部 歴史学科日本史学専攻
   職種   准教授
■ 研究テーマ
日本近世史。特に宗教と社会の研究。近年は、下総行徳(塩浜や災害史)を中心とした地域史研究、さらに伝承・伝説(平家・源頼朝・平将門など)と地域形成のあり方にも関心を広げている。
■ 学歴
1. 1995/04~1999/03 駒澤大学 文学部 歴史 卒業
2. 1999/04~2001/03 駒澤大学 人文科学研究科 日本史学 修士課程修了
3. 2001/04~2004/03 駒澤大学 人文学研究科 歴史学 博士課程単位取得満期退学
4. 2006/03/14
(学位取得)
駒澤大学 歴史学
■ 著書・論文歴
1. 著書  日本近世の宗教と社会 (単著) 2011/04
2. 論文  大名の移動と寺社の移転 (単著) 2018/03
3. 論文  近世曹洞宗教団における総寧寺の移転と宿寺の成立 (単著) 2018/03
4. 論文  行徳新河岸の成立と展開 (単著) 2018/03
5. その他 近世における災害と地域社会 (単著) 2018/03
全件表示(66件)
■ 学会発表
1. 2009/10/10 近世中後期における在地寺社の秩序化と社会動向(関東近世史研究会大会)
2. 2007/05 幕末期における修験の動向と在地社会(日本近代仏教史研究会大会)
■ 主要学科目
日本近世史 日本文化史 日本史学演習Ⅰ 日本史学演習Ⅱ 新入生セミナー 日本史学基礎演習 博物館概論(副担当) 博物館展示論(副担当)
■ 授業の進め方
学生各自が、主体的な学びができるように努める。特に大学外の日本各地の歴史の「現場」や博物館施設などの展示内容に留意し、講義内容を深める。また、各地の学芸員の業務や市町村などの文化財行政のあり方にも留意することで、学生の将来にもつなげていきたい。
■ 課外活動
第二剣道部顧問
■ 所属学会
1. 1999/04~ 地方史研究協議会
2. 2015/11~ ∟ 常任委員
3. 1999/04~ 関東近世史研究会
4. 1999/11~2008/10 ∟ 常任委員