(最終更新日:2018-06-17 09:10:47)
  オオノ テツアキ   
  大野 哲明
   所属   経済学部 商学科
   職種   教授
■ 研究テーマ
生活過程を内在化した商業理論の再構築。社会経済的視点からの小売業態分析。商業の公共性・社会性をめぐる理論研究。
■ 現在の専門分野
理論経済学, 商学 (キーワード:流通経済・商業経済・小売業態・格差社会・生活文化) 
■ 学歴
1. 福岡大学 商学研究科 商学専攻 博士課程単位取得満期退学
2. 熊本学園大学 商学研究科 商学専攻 博士課程修了 博士(商学)
■ 著書・論文歴
1. 著書  インターネットは流通と社会をどう変えたか (共著) 2016/09
2. 著書  格差社会と現代流通 (共著) 2015/10
3. 著書  地域再生の流通研究-商業集積間競争とまちづくりの視点 (共著) 2008/09
4. 著書  基礎から学ぶ流通の理論と政策 (共著) 2014/01
5. 著書  地域の再生と流通・まちづくり (共著) 2013/05
全件表示(18件)
■ 学会発表
1. 2016/03/19 格差社会の進展と業態研究の課題(日本流通学会)
2. 2014/07/26 流通研究における非市場領域の位置-商業理論とまちづくりの議論との関わりで(日本商業学会)
3. 2013/04/27 情報化社会のコミュニティーバーチャルコミュニティとリアルコミュニティ(日本商業学会)
4. 2012/12/01 NPOと地域流通経済の再生(日本商業学会)
5. 2011/05/30 転換する流通と小売業態分析の視角(流通経済研究会)
全件表示(15件)
■ 主要学科目
流通経済論、流通史(現代流通史)
■ 授業の進め方
流通や商業に関する基礎概念・理論を学びつつ、今日の流通経済の実像に接近 してゆく。サービス化・情報化・グローバル化の波により、ますます複雑に変貌を遂げてゆく流通と大衆消費社会の姿を 総合的に理解することが、講義の最終的な目標となる。
■ 所属学会
1. 日本商業学会
2. ∟ 理事(九州)
3. 日本流通学会
4. ∟ 理事(九州)
5. 流通経済研究会
全件表示(6件)