(最終更新日:2017-07-04 13:37:25)
  タナカ ノリサダ   TANAKA NORISADA
  田中 徳定
   所属   文学部 国文学科
   職種   教授
■ 研究テーマ
平安時代から中世にかけての文学にあらわれた、儒教、仏教の思想を明らかにすることを通して、古代日本人の思想、信仰の様相を探究する。
■ 学歴
1. 駒澤大学 文学部 卒業
2.
(学位取得)
駒澤大学 博士
3. 駒澤大学大学院 人文科学研究科 国文学専攻 修士課程修了
■ 著書・論文歴
1. 著書  義経伝説と鎌倉・藤沢・茅ヶ崎 (単著) 2015/04
2. 著書  孝思想の受容と古代中世文学 (単著) 2007/02
3. 論文  中世唱導資料にみる母性 (単著) 2011/07
4. 論文  中世唱導資料にみる高僧と母の物語をめぐって (単著) 2011/02
5. 論文  『平家物語』と怨霊 (単著) 2009/08
全件表示(34件)
■ 学会発表
1. 2001/09/22 古代文学における道徳としての儒教・宗教としての儒教(第24回和漢比較文学会大会)
2. 1994/06/05 二つの堕地獄譚をめぐって-醍醐天皇の罪・白河上皇の罪-(平成6年度仏教文学会大会)
3. 1991/06/22 『扶桑略記』の撰者をめぐって(平成3年度説話文学会大会)
4. 1982/05/23 今昔物語集の成立圏をめぐって(昭和57年度中世文学会春季大会)
■ 主要学科目
国文学史Ⅰ(古典)、中世文学研究Ⅰ、国語国文学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 〔大学院〕中世文学研究I、中世文学演習I、中世文学特講I、中世文学特殊研究I
■ 授業の進め方
講義科目においては、授業中における問い掛けやレポートによって、できるだけ双方向の授業を心掛け、また演習科目では、学生の主体的な研究の姿勢を伸ばすよう配慮している。
■ 所属学会
1. 説話伝承学会
2. 説話文学会
3. 中世文学会
4. 仏教文学会
5. 和漢比較文学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2002/04~2003/03  日本古典文学にあらわれた孝思想の研究 その他の補助金・助成金 
■ 運営活動
1. 2001/04/01
2003/03/31
国文学科主任