(最終更新日:2019-01-11 12:11:09)
  スエツグ ミキ   SUETSUGU MIKI
  末次 美樹
   所属   総合教育研究部 スポーツ・健康科学部門
   職種   准教授
■ 研究テーマ
現代武道の<礼>のに着目し、その意義・本質論についての研究を行っている。孔子・荀子等における礼の思想を考察し、武道の<礼>との関わりを追究する。
■ 学歴
1. 駒澤大学 経済学部 経済学科 卒業
2. 国士舘大学大学院 スポーツシステム研究科 修士課程修了 体育科学修士
■ 著書・論文歴
1. 論文  武道における礼の教育的価値 (単著) 2009/03
2. 論文  武道における礼の原理的研究-特に古代中国に成立した礼を中心として- (単著) 2010/03
3. 論文  武道における礼の比較考察ー武道における礼の問題解決のためにー (単著) 2010/03
4. 論文  生涯スポーツ演習Ⅱにおける学生による授業評価について (共著) 2013/03
5. 論文  全日本学生空手道選手権大会の組手協議における一本の意義について
―全日本個人戦における東西対抗戦及び個人戦におけるルールの違いについての考察― (共著) 2013/03
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2003/09 現代武道と武士道-陰と陽の二重構造についての考察-(日本体育学会)
2. 2003/09 武道と礼の研究(日本武道学会)
3. 2004/09 太極拳と空手道における形の比較ー武術の形成原理のためにー(日本体育学会)
4. 2006/09 武道における礼の研究(日本武道学会)
■ 主要学科目
健康・スポーツ実習 生涯スポーツ実習 生涯スポーツ演習 健康・スポーツ論
■ 授業の進め方
実習では、ダブルダッチや健康体操やストレッチなどを行っている。
「運動習慣」を身につける事を生涯健康に過ごすための重要なものと捉え、身体を動かすことの楽しさや重要性を習得する。また、他人と協力し目標をクリアする事の素晴らしさや喜びを実感し、コミュニケーション能力の重要性についても学ぶ。
スポーツ論では、健康とスポーツを中心に「健康とは何か?」「スポーツとは何か?」について学び、自身の生活スタイルを考える事の重要性を教えている。
■ 所属学会
1. 日本体育学会
2. 日本武道学会
3. 2017/09~ 日本体育・スポーツ哲学学会
■ 社会における活動
1. せたがやeカレッジ「簡化太極拳」講師
2. せたがやeカレッジ「女性のための空手道入門」講師
3. 2008/04~2015/06 駒澤大学公開講座 健康づくり教室「武道コース」 講師
4. 2017/12 「オリンピック・パラリンピック教育」 世田谷区喜多見小学校 縄跳び指導
5. 2018/02 「健康体操&ストレッチ〜生涯健康で過ごすための身体つくり」