(最終更新日:2017-12-20 15:18:27)
  マジマ ヒデトシ   MAJIMA HIDETOSHI
  間島 英俊
   所属   文学部 心理学科
   職種   教授
■ 研究テーマ
Key words. Self‐identity. Lifecycle. Parent‐child relationship.
エリクソン・E.Hによる青年期の発達課題としての「自己同一性の確立」について、受胎から死に至るまでの個人のライフサイクルと、祖父、祖母、父そして母のライフサイクル、そして我が子という次の世代のライフサイクルが世代性の概念のなかで、如何に形成され、確立されていくかを、現代の家族関係を通して考察していく。
■ 学歴
1. 駒澤大学 文学部 卒業
2. 駒澤大学大学院 人文科学研究科 心理学専攻 博士課程単位取得満期退学 修士
■ 著書・論文歴
1. 著書  心理学 (共著) 2014/03
2. 著書  『臨床心理学』 小林芳郎監 (共著) 1997/03
3. 著書  『乳・幼児の発達心理学』小林芳郎監 (共著) 1996/03
4. 著書  精神分裂病者のSexual Disorderについて (共著) 1993/10
5. 著書  『理解とふれあいの心理学』 根本和雄他編 (共著) 1988/07
全件表示(9件)
■ 学会発表
1. 2005/09 死別経験が死生観に与える影響(日本応用心理学会第72回大会論文集)
2. 1997/08 自己感と虚偽検出検査を依頼された際の態度(日本応用心理学会第64回大会論文集)
■ 主要学科目
心理学概論、発達心理学、特殊演習、演習、心理学入門(間島担当)、心理学実践実習(間島担当2回)といったように心理学科学生の4年間一貫教育に携わっている。
■ 所属学会
1. 青年心理学会
2. 日本教育心理学会
3. 日本心理学会
4. 日本発達心理学会
5. 北海道心理学会
■ 運営活動
1. 2005/04
2007/03
心理学科主任に就任。