(最終更新日:2017-08-23 17:48:48)
  ムラマツ カンジ   muramatsu kanji
  村松 幹二
   所属   経済学部 現代応用経済学科
   職種   教授
■ 研究テーマ
法と経済学。ミクロ経済学・ゲーム理論の分析手法を用いて,法と法制度が経済社会に与える影響を理論的に分析する。またデータを用いて法改正の効果を検証する。なかでも企業関連法制,処罰が企業や個人の行動に与える影響の分析を行っている。
■ 現在の専門分野
理論経済学 (キーワード:法と経済学) 
■ 学歴
1. 東京大学大学院 経済学研究科 博士課程単位取得満期退学
■ 著書・論文歴
1. 著書  日本における死刑と厳罰化の犯罪抑止効果の実証分析 (共著) 2017/06
2. 論文  死刑に抑止力はあるのか (単著) 2017/04
3. 論文  The death penalty and homicide deterrence in Japan (単著) 2017/04
4. 論文  「刑法の経済学」に向けて (単著) 2016/08
5. 論文  模擬授業の評価の定量的分析 (共著) 2016/03
全件表示(21件)
■ 学会発表
1. 2004/09 シートベルトのOffsetting Behavior仮説-都道府県パネルデータを用いた検証(日本経済学会発表)
2. 2000/09 Wage Schedules and Strategic Information Transmission in the Dynamic Moral Hazard Problem(第6回ディセントラライゼーションコンファレンス発表)
3. 1997/09 Repeated Moral Hazard Problem with the Principal’s Informational Advantage(日本経済学会発表)
■ 主要学科目
法と経済学,制度の経済学,演習
■ 授業の進め方
様々な法制度が経済に与える影響を見るため,データを用いた現状分析とミクロ経済学,ゲーム理論を用いた分析手法の紹介とを行っている。
■ 所属学会
1. 1993/04~ 日本経済学会
2. 2002/10~ 法と経済学会
3. 2007/04~ 日本経済政策学会