(最終更新日:2018-03-07 10:38:00)
  ハラク゛チ ノフ゛オ   
  原口 伸夫
   所属   法学部 法律学科
   職種   教授
■ 研究テーマ
刑法
①未遂犯論(実行の着手時期、不能犯論、中止犯論、共犯と中止・離脱)
②緊急行為論(正当防衛、緊急避難、過剰防衛、防衛行為の相当性)
③違法と責任(犯罪論体系における違法と責任、実行行為の意義と機能)
■ 現在の専門分野
Criminal Law (キーワード:未遂犯、正当防衛) 
■ 学歴
1. 1987/04~1991/03 中央大学 法学部 法律学科 卒業 法学士
2. 1991/04~1993/03 中央大学大学院 法学研究科 刑事法専攻 修士課程修了 法学修士
3. 1993/04~1997/03 中央大学大学院 法学研究科 刑事法専攻 博士課程単位取得満期退学
■ 著書・論文歴
1. 著書  未遂犯論の諸問題 (単著) 2018/02
2. 論文  実行の着手論の最近の動向 (単著) 2017/09
3. 論文  規制薬物輸入罪の既遂時期・未遂時期 (単著) 2017/03
4. 論文  虚構の犯行予告と業務妨害罪 (単著) 2016/03
5. 論文  日本における中止未遂論の現状と課題 (単著) 2016/02
全件表示(35件)
■ 学会発表
1. 2017/05/21 未遂犯――わが国の実行の着手論の現状とその評価(日本刑法学会第95回大会)
2. 2015/10/13 日本における中止未遂論の現状と課題(第5回日中刑事法シンポジウム)
3. 2011/05/29 刑法43条ただし書における『中止した』の解釈について(日本刑法学会第89回大会)
■ 所属学会
1. 1994/05~ 日本刑法学会
■ 講師・講演
1. 2016/07 少年犯罪の現状と少年の処遇のあり方(所沢市民生委員・児童委員連合会研修、埼玉県所沢市市役所)
2. 2011/11 裁判員制度の現状と課題(神奈川県シチズンシップ教育、神奈川県立湘南台高校)
3. 2004/12 死刑制度を考えるためのヒント(平成16年度志木市人権研修会、埼玉県志木市いろは遊学館)