(最終更新日:2016-04-14 13:54:04)
  ヤマガタ タケシ   YAMAGATA TAKESHI
  山縣 毅
   所属   総合教育研究部 自然科学部門
   職種   教授
■ 研究テーマ
専門分野では、大陸縁辺に形成される付加体(海洋プレートが大陸プレートの下に沈み込むとき、海洋プレート上の岩石が大陸プレートの縁に付加されてできたもの)の形成機構について調査している。また、教育研究として、環境科学の効率的な講義カリキュラムの研究も行っている。
■ 学歴
1. 九州大学 理学部 卒業
2.
(学位取得)
九州大学 博士
3. 九州大学大学院 理学研究科 地質学専攻 博士課程中退
■ 著書・論文歴
1. 著書  美濃帯のペルム紀海山起源のメランジュ (単著) 2012/05
2. 著書  Permian allochthonous deposits on the slope of a seamount in the Mino terrane, the Suzuka Mountains, Japan. (単著) 2009/03
3. 著書  Yabeina cascadensis (Anderson) (Permian Fusulinacea) from San Juan Island, Washington, USA. (共著) 2009/03
4. 論文  インターネット上の気象・大気汚染データを利用した光化学スモッグについての実習形式の教養教育 (単著) 2008/03
5. 論文  岐阜県美濃地方に分布する美濃帯ジュラ紀地層群とその形成環境 (単著) 2005/03
全件表示(14件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2003/04~ 地質学
2. 2001/09~ 自然環境学(7月に,受講生から講義に対する要望・感想についてのアンケートをとり,講義を改善,改善内容を,講義中に説明する)
3. 2001/09~ 自然誌
4. 2001/09~ 地球科学(7月に,受講生から講義に対する要望・感想についてのアンケートをとり,講義を改善,改善内容を,講義中に説明する)
●作成した教科書、教材
1. 2003/04 自然環境論テキスト(出版されていません.受講生にのみ配布)
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
全件表示(9件)
■ 主要学科目
地球科学Ⅰ・Ⅱ、自然環境論Ⅰ・Ⅱ、自然誌Ⅰ,自然観察実習,地質学A・B
■ 所属学会
1. American Geophysical Union
2. Geological Society of America
3. 日本地質学会
■ 社会における活動
1. 1999/04~2000/03 日本地質学会西日本支部幹事
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2000/04~2002/03  大洋での海山の崩壊に伴う岩屑なだれの流動・堆積機構 国内共同研究