(最終更新日:2018-05-23 15:11:20)
  ヤマダ ノブユキ   YAMADA NOBUYUKI
  山田 信行
   所属   文学部 社会学科社会学専攻
   職種   教授
■ 研究テーマ
労使関係と資本主義発展に関する歴史社会学的研究。今後数年間は、日本を主たる事例として、資本主義への移行に伴う労働者形成のあり方について、歴史的・理論的な再検討を行うことを通じて、移行論の再構築を目指すとともに、ポスト資本主義社会への展望について理論的・経験的な研究を進める。
■ 現在の専門分野
sociology (キーワード:労使関係、社会変動) 
■ 学歴
1. 東京大学 教養学部 卒業
2. 東京大学大学院 社会学研究科 社会学(A)専攻 博士課程修了 博士(社会学)
■ 著書・論文歴
1. 論文  How Can Three Questions on Modernity Be Answered?: The World-System Theory and Japanese Experiences (単著) 2018/03
2. 著書  社会運動ユニオニズム―グローバル化と労働運動の再生 (単著) 2014/01
3. 著書  「働くこと」を社会学する-産業・労働社会学 (共著) 2015/03
4. 著書  世界システムという考え方-批判的入門 (単著) 2012/10
5. 著書  世界システムの新世紀-グローバル化とマレーシア (単著) 2006/03
全件表示(59件)
■ 学会発表
1. 2016/07/14 The Position of Labor in Civil Activism:the Labor Movement and Classness of the BERSIH Movement in Malaysia(The Third ISA Forum of Sociology)
2. 2017/10/08 グローバル化とポスト・コローニアリズムの変容ーマレーシアにおけるインド系国民による民族解放運動(第89回日本社会学会大会)
3. 2016/10/15 権威主義的労使関係と労働運動-マレーシアにおける労働争議を事例として(第133回社会政策学会大会)
4. 2015/09/10 Migrant Workers as a Peripherality: Advocacy and Organizing Activities in Malaysia(International Labor and Employment Relations Association World Congress)
5. 2014/07 Why So Weak?: The Social Conditions of Labor Insurgency in Malaysia(18th World Congress)
全件表示(11件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1.
●作成した教科書、教材
1.
■ 主要学科目
社会学の歴史、社会学の理論、産業と変動の社会学、雇用と労働の社会学、国際社会論、社会学演習Ⅰ、社会学演習Ⅱ
■ 授業の進め方
学生の自主性を重視した教育を実践していきたい。
■ 課外活動
「駒澤フォーク村」顧問
■ 所属学会
1. 日本社会学会
2. 2017~ ∟ 奨励賞選考委員
3. 日本社会学会
4. 2012/12~2015/09 ∟ 『社会学評論』編集委員
5. 2004/04~2007/03 ∟ 『社会学評論』専門委員
全件表示(20件)
■ 海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計 2  回
 在留期間2週間未満のもの   計 0  回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0  回  0  回
 外国機関  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0  回  0  回
 所属機関  0  回  0  回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)  0  回  0  回
 自費  0  回  0  回
 計  0  回  0  回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語  
 論文の執筆に主に用いる言語   英語  
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2021/03  ポスト資本主義の展望と資本主義の起源-移行論の再構築に向けた理論的・歴史的研究 基盤研究(C) (キーワード:資本主義、ポスト資本主義、移行、労働者形成、モラルエコノミー)
2. 2014/07~2018/03  グローバル化と「反システム運動」の動向ー半周辺マレーシアを事例とする調査研究 基盤研究C 
3. 2008/04~2012/03  アメリカ合衆国における移民労働者組織化と『社会運動ユニオニズム』に関する調査研究 科学研究費補助金基盤研究(C) 
4. 2010/04~2011/03  取得 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2013/04~2014/03  * その他の補助金・助成金 
全件表示(10件)
■ 委員会・協会等
1. 2016/01~2018/01 社会学系コンソーシアム 理事(庶務・事務局担当)
2. 2014/10~2016/01 社会学系コンソーシアム 理事(広報担当)
3. 社会学系コンソーシアム 評議員
■ 運営活動
1. 2008/04/01
2011/03
社会学科主任
2. 2008/04/01
2012/03/31
社会学科社会学専攻主任
3. 2013/04/01
2015/03/31
文学部全学教授会委員
4. 2015/04/01
2017/03/31
人文科学研究科社会学専攻主任