(最終更新日:2017-12-13 11:47:07)
  オダ マサヤス   ODA MASAYASU
  小田 匡保
   所属   文学部 地理学科地域文化研究専攻
   職種   教授
■ 研究テーマ
宗教地理学・歴史地理学
・山岳宗教(修験道)の霊山。これまでのフィールドは、奈良県から和歌山県に連なる大峰。
・宗教分布。これまでのフィールドは日本。
・古地図・絵図。これまでのフィールドは大和国・奈良県。
・巡礼と巡礼地。これまでのフィールドは小豆島・ドイツ。
・観光。これまでのフィールドは奈良県吉野山。
■ 現在の専門分野
人文地理学, 地理学 (キーワード:宗教地理学、歴史地理学) 
■ 学歴
1. 1986/04~1989/03 京都大学 文学研究科 地理学専攻 博士課程単位取得満期退学
2. 1983/04~1986/03 京都大学 文学研究科 地理学専攻 修士課程修了 修士
3. 1979/04~1983/03 京都大学 文学部 史学科人文地理学専攻 卒業
■ 著書・論文歴
1. 著書  小野寺淳ほか編『シーボルトが日本で集めた地図』(地理61巻11月増刊) (共著) 2016/11 Link
2. 著書  宮家準編『山岳修験への招待:霊山と修行体験』 (共著) 2011/03
3. 著書  Kinda Akihiro et al. eds, Proceedings of the 14th International Conference of Historical Geographers, Kyoto 2009 (共著) 2010
4. 著書  国絵図研究会編『国絵図の世界』 (共著) 2005/07
5. 著書  巡礼研究会編『巡礼研究の可能性』 (共著) 2000/03
全件表示(84件)
■ 学会発表
1. 2017/11/19 栃木県那須烏山市山あげ祭の近年の変化(2017年人文地理学会大会)
2. 2016/03/21 青森県における方言の地域差と世代差:津軽・南部地方境界地域の調査から(日本地理学会2016年度春季学術大会) Link
3. 2015/09/18 明治後期~昭和戦前期における日本のキリスト教分布と地域区分(日本地理学会2015年度秋季学術大会) Link
4. 2015/07/10 Distribution and development of Christianity in Prewar Japan(16th International Conference of Historical Geographers)
5. 2015/03/28 インターネットによる地理学界の情報コミュニケーション:「歴史地理学メーリングリスト」への投稿の分析(日本地理学会2015年度春季学術大会) Link
全件表示(39件)
■ 主要学科目
文化地理学、歴史地理学
■ 授業の進め方
人文地理学実習や地域文化調査法、地理学演習などの学生の作業が中心となる科目では、学生の自主性を重視したうえで、学生の作業内容について、図表の作成方法、解釈のしかた、レポートの書き方、調査や発表のしかたなどを具体的に指導している。文化地理学や歴史地理学などの講義科目でも、学問的な見方、調査のしかたを身につけてもらうよう心がけている。
■ 所属学会
1. 日本地理学会
2. 人文地理学会
3. 2006/11~2010/10 ∟ 協議員
4. 2014/10~2016/09 ∟ 代議員
5. 日本山岳修験学会
全件表示(15件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/10~2017/03  GISを用いた近世城下絵図の解析と時空間データベースの構築 基盤研究(A) 
2. 2011/04~2014/03  ライデン大学所蔵シーボルト収集古地図の研究:江戸時代の地図による日蘭学術交流 基盤研究(B) 
3. 2007/04~2010/03  ライデン大学所蔵シーボルト国絵図の地図史研究 基盤研究(B) 
4. 1998/04~1999/03  吉野山の観光地理学的研究 その他の補助金・助成金 
5. 1998  Study on Japanese old maps  
全件表示(12件)
■ 委員会・協会等
1. 2006~2009 人文地理学会 協議員
2. 1995~ 日本山岳修験学会 評議員, 理事
■ 運営活動
1. 2003/04
2005/03
地理学科主任
2. 2007/04
2009/03
大学院地理学専攻主任