(最終更新日:2018-12-14 14:33:00)
  カワサキ コウタロウ   
  川崎 浩太郎
   所属   文学部 英米文学科
   職種   准教授
■ 研究テーマ
ウォルト・ホイットマンやエミリィ・ディキンスンを中心とした19世紀のアメリカ詩人による作品を、主に民族、階級、セクシャリティなどの観点から、歴史的な文脈と共に研究している。19世紀末までのアメリカの文学作品が、アメリカ人の国民意識の創出とどのように関わっていたのか、そして20世紀以降の文学作品(詩だけでなく小説も含む)や他の表象文化の中で、その国民意識がどのように変化してゆくかにも関心がある。
■ 学歴
1. 1994/03/25
(学位取得)
文学修士
■ 著書・論文歴
1. 著書  『ノンフィクションの英米文学』 (共著) 2018/10
2. 著書  『私の好きなエミリ・ディキンスンの詩』 (共著) 2016/06
3. 著書  『アメリカン・ロードの物語学』 (共著) 2015/03
4. 著書  『チョーサーと英米文学--河崎征俊教授退職記念論集』 (共著) 2015/03
5. 著書  『豊穣なる空間:亡霊のアメリカ文学』 (共著) 2012/08
全件表示(18件)
■ 学会発表
1. 2015/12/19 エミリィ・ディキンスンと “Color – Caste – Denomination”(多民族研究学会第25回全国大会)
2. 2015/10/24 ホイットマンと市場社会(日本ホイットマン協会第53回全国大会)
3. 2015/06/20 “Some - Work for Immortality -” (F 536 / J 406)を読む(日本エミリィ・ディキンスン学会第30回大会)
4. 2001/11 『草の葉』におけるネイティブアメリカン表象(日本アメリカ文学会東京支部分科会)
5. 1999/10 行為する身体としての『草の葉』初版(日本ホイットマン協会)
全件表示(6件)
■ 主要学科目
アメリカ文学演習V、3・4年時ゼミ、英語表現法、英語演習
■ 授業の進め方
文学を含む文化リテラシーの総合的向上をめざし、知識の習得と同時に、様々なテクストの精読を行い、そこから生じる意見を効果的に他者に伝える能力を向上させる訓練を行っている。受講者の自主性を重視している。
■ 所属学会
1. 1996/10~ 日本アメリカ文学会
2. 2017/04~ ∟ 東京支部分科会世話人
3. 2016/04~ 日本英文学会
4. 1999/04~ 日本ホイットマン協会
5. 2016/04~ ∟ 幹事
全件表示(7件)