(最終更新日:2018-06-06 15:09:03)
  ナカノ ユウジ   NAKANO YUJI
  中野 裕二
   所属   法学部 政治学科
   職種   教授
■ 研究テーマ
研究テーマは、文化的に多様な市民・住民の統合がいかに可能かというものである。このテーマをフランスを素材として研究している。より具体的には、フランス共和制の理念を「共生」という視点から捉え直す作業、また、フランス共和制が今日直面している移民問題、EU統合などに対し、この理念がどこまで有効なのか、有効でなければどのように変容しつつあるのかといった点を明確にする作業を続けている。
■ 現在の専門分野
政治学, 社会学 (キーワード:政治社会学) 
■ 学歴
1. 1989/04~1993/03 九州大学大学院 法学研究科 政治学専攻 博士課程単位取得満期退学
2. 1996/06/23
(学位取得)
九州大学大学院 博士(法学)
3. 1987/04~1989/03 九州大学大学院 法学研究科 政治学専攻 修士課程修了 修士
4. 1983/04~1987/03 九州大学 法学部 政治学専攻 卒業 学士
■ 著書・論文歴
1. 著書  『ヨーロッパ・デモクラシー 危機と転換』 (共著) 2018/04
2. 著書  『排外主義を問いなおす』 (共著) 2015/05
3. 著書  ベルトラン・バディ/ピエール・ビルンボーム『国家の歴史社会学 再訂訳版』 (共著) 2015/04
4. 著書  (監訳)イヴ・デロワ『国民国家 構築と正統化』  2013/03
5. 著書  Enduring States in the Face of Challenges from Within and Without, Yusuke Murakami, Hiroyuki Yamamoto and Hiromi Komori, ed. (共著) 2011
全件表示(37件)
■ 学会発表
1. 2018/06/02 「共和国的統合」をめぐって――移民の包摂/排除とフランスの政治(シンポジウム「ヨーロッパ・デモクラシー:その危機、転換の課題」)
2. 2018/02/18 統合高等審議会の言説変化にみる「共和国モデル」の変容(日仏シンポジウム「フランスにおける移民統合の「共和国モデル」:意義と変化と問題点」)
3. 2017/11/04 統合高等審議会報告書(1991~2013年)にみる移民のフランス的統合(1)―「統合」をめぐる言説変化を中心として―(第90回日本社会学会大会)
4. 2017/10/14 都市政策優先地区における「市民評議会(conseil citoyen)」制度の創設―移民・外国人の参加の観点から―(移民の参加と排除に関する日仏研究会)
5. 2017/09/14 植村充氏「The Externalization of French Migration Management and EU Multi-layered Migration Governance: A Case Study on the Co-existence of EU External Migration Policies and French Bilateral Agreements」のセッションの司会およびコメンテーター(日仏経済学会日仏コローク)
全件表示(24件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2000/04~ 「意見質問用紙」活用による、学生の授業参加の工夫
■ 主要学科目
政治社会学
■ 授業の進め方
政治および政治学に関する知識の積み重ねにとどまらず、自ら政治現象を説明するための方法の習得を目標とした授業を行った。また、学生の積極的な授業参加を促すように心がけた。
■ 所属学会
1. 2005/11~ 日仏政治学会
2. 1997/01~ 九州EU研究会
3. 1996/05~ 日本国際政治学会
4. 1994/05~ 政治思想学会
5. 1993/10~ 日本社会学会
全件表示(7件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/06~  フランス共和国における「市民」と「移民」の境界線に関する研究 その他の補助金・助成金 
2. 2015/07~2018/03  国内社会の紛争としての移民問題:フランスの市民統合モデルの変化に関する学際的研究 基盤研究(B)(特設分野研究) (キーワード:市民統合モデル、フランス、共和国、移民、紛争)
3. 2015/04~2018/03  EU都市部の衰退地区における「ソーシャル・ミックス」の社会学的研究 基盤研究B(海外学術) 
4. 2013/06~2014/03  フランスにおけるEU域外外国人の市政参加制度に関する調査研究 その他の補助金・助成金 
5. 2011/09~2014/03  地域における外国人支援と排除に関する日仏比較研究 国際共同研究 
全件表示(17件)
■ 講師・講演
1. 2016/11 フランスの移民政策(東京)
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2011/03 ストラスブール市「外国人住民評議会」----地方参政権に代わる仕組みを求めて『移民の社会的統合と排除』平成20-22年度科学研究費補助金(基盤研究A 海外学術調査)研究成果報告書
2. 2009/05 フランスにおける外国人市民の市政参加制度の一側面フランスの移民問題の現状及び社会統合政策上の課題に関する調査研究』平成20-22年度科研費中間報告書
3. 2005/03 フランスにおける『共和国の不可分性』の変容----2003年地方分権改革西欧諸国における地域分権・地域主義の動向とその社会・文化的影響』平成15-16年度科研費研究成果報告書
4. 2004/05 転換期のフランス共和制研究平成13-15年度科学研究費補助金(基盤研究C2)研究成果報告書
5. 1999/04 移民の市政への参加‐フランスにおける試みフランスの大都市圏における移民の社会的統合政策の調査研究』(平成9‐10年度科学研究費補助金(国際学術研究)研究成果報告書
全件表示(6件)
■ 委員会・協会等
1. 2018/04/01~ 第3期川崎市人権施策推進協議会 副会長
2. 2016/07/20~2018/03/31 第2期川崎市人権施策推進協議会多文化共生社会推進指針に関する部会 部会長
3. 2016/04/01~2018/03/31 第2期川崎市人権施策推進協議会 委員
4. 2015/06/15~2016/03/31 第1期川崎市人権施策推進協議会外国人市民施策部会 部会長
5. 2008/04/01~2015/03/31 川崎市多文化共生施策検討委員会 委員(2011年4月より委員長)