(最終更新日:2016-04-12 18:33:01)
  ナカムラ テツコ   
  中村 哲子
   所属   総合教育研究部 外国語部第一部門(英語)
   職種   教授
■ 研究テーマ
*英文学(アイルランド文学)
*英語教育
■ 学歴
1. 慶應義塾大学 文学研究科 博士課程満期退学 英米文学 博士課程単位取得満期退学
2. ノッティンガム大学 英語英米文学専攻 English Language in Literary Studies 修士課程修了 Master of Arts
3. 慶應義塾大学 文学研究科 英米文学専攻 修士課程修了 文学修士
■ 著書・論文歴
1. 著書  Literature and Language Learning in the EFL Classroom, ed. by Masayuki Teranishi, Yoshifumi Saito, and Katie Wales (共著) 2015
2. 論文  Interactions between Travel Narrative and Short Fiction: Stories Revolving around St. Patrick's Purgatory, 1827-1843 (単著) 2015
3. 論文  Visual Representations of Irishness with Special Reference to Croker's Researches in the South of Ireland (1824) (単著) 2015
4. 著書  『チョーサーと英米文学 ― 河崎征俊教授退官記念論集』 東雄一郎・川崎浩太郎・狩野晃一編 (共著) 2015
5. 論文  Daniel Maclise’s Representations of Irishness: His Drawings in John Barrow’s Tour round Ireland (1836) (単著) 2013
全件表示(29件)
■ 学会発表
1. 2016 Heading for the West of Ireland: The Focus in Post-Famine Travel Narratives(The Great Famine and Its Impacts: Visual and Material Culture)
2. 2016 ビッグ・ハウス小説における病 ― エイダン・ヒギンズとモリー・キーンを中心に(神奈川県ヘルスケア・ニューフロンティア「文化としての病と老い」研究会)
3. 2015 外国語科目としての英語教育をめぐって(特別シンポジウム:大学の抱える今日的問題と人文学的「知」の追求の狭間で ― 英文学会からの問いかけ)(日本英文学会 第87回大会)
4. 2014 Pluralism in Representations of Irishness in Travel Books in the Pre-Famine Era (Symposium: Images of Irish Culture)(31st International Conference, IASIL Japan)
5. 2013 Urban Misery in Fiction and Reality during the Decade of Controversy over the Irish Poor Law(2013 IASIL Conference)
全件表示(21件)
■ 所属学会
1. 日本英文学会
2. 2009/04~2011/03 ∟ 関東支部編集委員
3. 日本中世英語英文学会
4. 国際アイルランド文学協会(IASIL)
5. 2013/01~ ∟ IASIL文献編集日本担当委員
全件表示(14件)
■ 委員会・協会等
1. 2012/12~2013/11 科学研究費委員会専門委員
■ ホームページ
   教員紹介ページ