(最終更新日:2018-08-01 14:16:57)
  ナカノ タツヤ   NAKANO TATSUYA
  中野 達哉
   所属   文学部 歴史学科日本史学専攻
   職種   教授
■ 研究テーマ
日本近世史、とくに社会経済史、村落史、地方史。近世の首府江戸との結びつきのなかで形成・発展する江戸周辺地域社会の特性についての研究。
■ 学歴
1. 1980/04~1984/03 駒澤大学 文学部 歴史学科 卒業 学士
2. 1984/04~1987/03 駒澤大学大学院 人文科学研究科 日本史学専攻 修士課程修了
3. 1987/04~1990/03 駒澤大学大学院 人文科学研究科 日本史学専攻博士後期課程 博士課程単位取得満期退学
4. 2000/03
(学位取得)
駒澤大学 博士
■ 著書・論文歴
1. 著書  『鎌倉寺社の近世―転換する中世的権威―』 (共著) 2017/09
2. 著書  『江戸の武家社会と百姓・町人』 (単著) 2014/02
3. 著書  『近世の検地と地域社会』 (単著) 2005/02
4. 論文  「明治初期、中山道板橋宿旧名主・問屋家と旧大名家との交流」 (単著) 2017/03
5. 論文  「弘前藩江戸藩邸における日記方の設置と藩庁日記の管理」 (単著) 2015/02
全件表示(97件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 古文書調査方法についての特別実習
2. ゼミ合宿の実施
3. 卒業論文発表合宿の実施
■ 主要学科目
日本史史料講読III、日本史学演習Ⅰ・Ⅱ、博物館実習(学内)、日本史学演習Ⅳ(院)、 日本史学特講Ⅳ(院)、日本史学特殊研究Ⅳ(院)、日本史学研究指導Ⅳ(院)
■ 授業の進め方
学生が知識としての歴史ではなく、考える学問として歴史を捉えるように授業を進めた。
■ 課外活動
近世史研究会顧問。学生主体の活動となるよう、側面から指導した。
■ 所属学会
1. 地方史研究協議会
2. 1994/10~ ∟ 常任委員
3. 2004/10~2006/10 ∟ 常任委員長
4. 日本歴史学協会
5. 2018/07~ ∟ 委員長
全件表示(19件)
■ 講師・講演
1. 2018/07 近世の武蔵野―江戸と結びつき発展する地域―(西東京市)
2. 2017/09 古文書にみる江戸時代の井の頭池と弁財天(武蔵野公会堂)
3. 2014/10 古文書から見た御成街道(八街市中央公民館)
4. 2013/09 吉野家文書にみる江戸時代の野崎村と八幡社(三鷹市)
5. 2012/06 古文書の基礎とその読み方を学ぶ~農耕生活と吉凶占い~(八街市)
全件表示(10件)
■ 委員会・協会等
1. 1998/07~2015/03 千葉県松戸市立博物館 研究員
2. 2003/04~2007/03 八街市史編さん委員会 近世専門部会委員
3. 2004/04~ 東京都板橋区文化財保護審議会 委員
4. 2007/04~ 八街市史編さん委員会 近世専門部会会長
5. 2008/10~ 武蔵野市文化財保護委員会 委員
全件表示(10件)
■ 運営活動
1. 2011/04/01
2015/03/31
歴史学科主任
2. 2015/04/01
2017/03/31
全学教授会委員
3. 2017/04/01
教務部長