(最終更新日:2014-05-28 11:39:31)
  タカキ カツミ   TAKAKI KATSUMI
  髙木 克己
   所属   経営学部 経営学科
   職種   教授
■ 研究テーマ
従来の企業会計上の枠組みでは捉えきれない金融商品等、退職給付会計、リース取引などのいわゆるオフバランス取引について、その会計上の処理及び税務上の取扱いのあり方を研究テーマとしている。
■ 学歴
1. 関西学院大学 商学部 卒業
2. 西南学院大学大学院 経営学研究科 経営学専攻博士後期課程 博士課程単位取得満期退学 修士
■ 著書・論文歴
1. 著書  『税務会計の展望と課題』 杉原実編著 (共著) 1992/11
2. 論文  確定決算主義のあり方 (単著) 2005/02
3. 論文  申告納税制度の実的展開 (単著) 2003/08
4. 論文  税務上の資産評価と減損会計 (単著) 2002/06
5. 論文  自己株式の基本問題 (単著) 2001/03
全件表示(15件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 「会計学」、「税務会計論」を担当
■ 主要学科目
税務会計論、演習I・II・III 〔大学院〕租税法特講(講義・演習)、税務会計論特殊研究(研究指導)
■ 授業の進め方
演習では、各自研究テーマを設定し、報告等を通じて活発な議論が行えるように配慮している。講義では、出来るだけ事例を用いることによって、身近な問題として捉えられるように配慮している。
■ 所属学会
1. 税務会計研究学会
2. 租税法学会
3. 日本会計研究学会
■ 運営活動
1. 1999/04/01
2001/03
第2部経営学科主任