(最終更新日:2014-05-28 12:10:14)
  ミツオカ ハクミ   MITSUOKA HAKUMI
  光岡 博美
   所属   経済学部 経済学科
   職種   教授
■ 研究テーマ
日本の労働市場と雇用・賃金の理論的・歴史的分析。旧国鉄‐JR労使関係の研究。
■ 学歴
1. 早稲田大学 政治経済学部 卒業
2.
(学位取得)
早稲田大学 修士
3. 東京大学大学院 経済学研究科 応用経済学専攻 博士課程単位取得満期退学
■ 著書・論文歴
1. 著書  国鉄労働組合50年史 (共著) 1996/07
2. 著書  高木ほか編『国鉄労働組合』 (共著) 1993/01
3. 著書  早川ほか編『電機産業における労働組合』 (共著) 1984/06
4. 論文  企業労働のなかの自発と強制 (単著) 1999/12
5. 論文  1950年代の日本労働問題研究 (単著) 1996/09
全件表示(8件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. ここ3年間、毎回の講義はレジメや資料を配布し、重要なところは板書で説明している。昨年度の授業評価は学部内では平均的な評価だったと考えているが、さらに努力するつもりです。
■ 主要学科目
社会政策、演習I・II・III
■ 授業の進め方
毎年、大教場(500人)での講義、受講者数は600~700人。この受講者数以上の場合は受講者数制限を考えるべき。但し、ここ2年間は300名程度の受講者数なので、講義は順調。演習はゼミ論文指導を通じて学生の学力はレベルアップしている。
■ 所属学会
1. 工業経営研究学会
2. 社会政策学会
3. 労務理論学会
■ 運営活動
1. 1999/04
2001/03
第2部経済学科主任