(最終更新日:2018-03-30 00:24:44)
  ハギハラ ヨシオ   HAGIHARA YOSHIO
  萩原 義雄
   所属   総合教育研究部 日本文化学部門
   職種   教授
■ 研究テーマ
①本邦古辞書の総合研究②国語辞書史研究③仮名書き法華經の国語研究④近・現代語語彙研究⑤文字史研究⑥情報言語学⑦ウルトラマラソンにおける人間精神学
■ 学歴
1. 駒澤大学 文学部 国文科 卒業
2. 駒澤大学院 人文科学研究科 国文学専攻 博士課程単位取得満期退学 修士
3. 2004/04~2005/03 ローマ法王立サレジオ大学 ドン・ボスコ図書館 留学
■ 著書・論文歴
1. 著書  文部科学省学術フロンティア推進事業「関西圏の人間文化についての総合的研究」 (共著) 2008/11
2. 著書  サレジオ大学マリオ・マレガ文庫所蔵江戸時代末に成る『真書千字文』の文字仕様について (単著) 2005/03
3. 著書  『壒嚢鈔』巻第一「五節供」の典拠資料について-『東山往来』『拾芥抄』『太平記』『下學集』等からの引用姿勢- (単著) 2003/11
4. 著書  『壒嚢鈔』に於ける「仏名懺悔」記載典拠について-行轡の編纂構成へのアプローチ- (単著) 2003/06
5. 著書  古辞書研究資料叢刊 (共著) 1996/06
全件表示(71件)
■ 学会発表
1. 2009/06 *
2. 2008/11 *
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 独自のコンテンツの作成<BR>情報教育システム支援の「掲示板」書込み<BR>講義の予習・復習に役立つ「伝言板」作成
2. 2009/12/28~2009/12/30 イスラエル国シェンカール大學「書の系譜」講義及び講演
3. 1996/04/01~ 15年間情報機器導入に基づく教育を一貫して取り組む
●作成した教科書、教材
1. 2003/03 表現法(話すこと)と表現法(書くこと)
2. 2003/03 文献資料を読む〔近・現代編〕
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
●実務の経験を有する者についての特記事項
全件表示(15件)
■ 主要学科目
人に出会い、物に触れ、見聞し、体験し、記録し、検索し、照合し、“未知なる世界”を“既知なる世界”に変貌させていく。人と辞書との付き合いはここに始まる。辞書編纂の基本は、“ことばの探索”にある。辞書研究を通じて命あふれることばを修得しよう。
■ 授業の進め方
情報機器本学独自の「YeStudy」を使用し、講義内容の予習・復習を含め随時テーマ課題を設定し、受講生とキャッチボール型の実践学習を実施して四年目を迎えた。更なる先端情報機器教育活動のなか、D-BOOK開発を二年に渡り推進してきている。
■ 課外活動
(体連)ボーリング部顧問。(サークル)駒澤陸上同好会AC顧問。日曜公開講座(健康部門:ジョギング講師)及び講座受講生によるKOCC顧問。
■ 所属学会
1. 日本語学会
2. 訓点語学会
3. 計量国語学会
4. ランニング学会
■ 社会における活動
1. 古辞書往來物研究会
2. 2002/03~2003/03 フジテレビ“めざまし用語辞典”に収録出演
3. 1998~2003 兵庫県美方郡村岡町村岡ダブルフルウルトラランニング大会運営者
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   日本国際交流基金 * 
2. 2004/04~2009/03  武庫川女子大学関西文化研究センター 国内共同研究 
■ 委員会・協会等
1. 2015/07/25~2020/07/07 全国大学国語国文学学会 委員 Link
■ 受賞学術賞
1. 2015/11 坂本日深学術研究賞 Link
■ ホームページ
   情報言語学研究室
■ 運営活動
1. またKOCC(駒澤大学公開講座倶樂部)を企画運営。
2. 2002
駒澤大学日曜公開講座―健康ジョギング部門専任講師―(現在に至る)