(最終更新日:2018-12-08 09:47:35)
  アヅマ ユウイチロウ   AZUMA YUICHIRO
  東 雄一郎
   所属   文学部 英米文学科
   職種   教授
■ 研究テーマ
アメリカ詩を中心とするモダニズム、特にエスニック・モダニズム、並びにポストモダニズム研究。具体的には、19世紀のホイットマン、ディキンスンを含め、20世紀以降のパウンド、エリオット、ウィリアムズ、カミングズ、ハート・クレイン、オルスン、ロバート・ブライ、ジェイムズ・ライト、マリー・オリヴァー、ギンズバーグ、チカーの詩人ゲーりー・ソト、ユダヤ系作家アンジア・イージアスカなどの研究。
■ 現在の専門分野
キーワード:アメリカ文学 
■ 学歴
1. 駒澤大学大学院 人文科学研究科 英文学専攻 博士課程単位取得満期退学
2. 明治学院大学大学院 文学専攻科 修士課程修了 修士
■ 著書・論文歴
1. 著書  『ノンフィクションの英米文学』 (共著) 2018/10
2. 著書  ジョン・ブラウンの屍を越えて―南北戦争とその時代 (共著) 2016/03
3. 著書  私の好きなエミリ・ディキンスンの詩 (共著) 2016/03
4. 著書  『チョーサーと英米文学』(河崎征俊教授退職記念論集) (共著) 2015/03
5. 著書  アイルランドの風の花嫁 (共著) 2014/03
全件表示(44件)
■ 学会発表
1. 2018/07/28 アンジア・イジアスカの原点回帰(多民族研究学会)
2. 2017/10/14 James Wright's The Branch Will Not Break(日本アメリカ文学会)
3. 2016/05/29 ディキンスンと南北戦争(日本英文学会)
4. 2015/12 研究発表「パウンドの衣装」司会(多民族研究学会全国大会)
5. 2010/10 亡霊のアメリカ文学(日本アメリカ文学会)
全件表示(14件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2000/04/01~ 学生に社会性・問題意識を持たせる。
2. 2000/04/01~ 学生の主体性・自主性を尊重している。
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2010/10 日本アメリカ文学会全国大会
2. 2009/09 日本エミリィ・ディキンスン学会
3. 2009/07 日本アメリカ文学会・東北支部会、シンポジウム
●実務の経験を有する者についての特記事項
全件表示(21件)
■ 所属学会
1. エズラ・パウンド協会
2. 多民族研究学会・理事
3. 日本アメリカ文学会
4. 2000/04~2003/03 ∟ 東京支部運営委員
5. 日本英文学会
全件表示(6件)
■ 運営活動
1. 2001/04
2007/03
英米文学科主任
2. 2005/04
2009/03
教務部委員
3. 2011/04
2013/03
全学教授会委員
4. 2013/04/01
2016/03/31
英米文学科専攻主任
5. 2017/04/01
研究科委員長