(最終更新日:2018-12-14 14:33:02)
  ヨシナカ トシキ   
  吉中 俊貴
   所属   総合教育研究部 外国語部第二部門(ドイツ語)
   職種   准教授
■ 研究テーマ
世紀転換期ウィーンの文学。博士論文は『シュニッツラーの詩学』(2010年)。これと並行して最近は、カール・シュミットの研究を進めている。
■ 学歴
1.
(学位取得)
東京大学大学院 博士
2. 2007/10~2009/09 ヴッパータール大学(DAAD奨学生として) 留学
3. 2001/04~2002/03 ボン大学(熊本大学の交換留学生として) 留学
■ 著書・論文歴
1. 論文  鷗外文庫のシュニッツラー (単著) 2014/03
2. 論文  ハンス・ザックスという政治者―カール・シュミットのワーグナー論についての試論― (単著) 2012/03
3. 論文  同時代のアンチ・ホームズ―シュニッツラー『予言』論― (単著) 2007/03
4. 論文  無意味なものの物語化―シュニッツラーのノヴェレッテ『Ich』― (単著) 2006/07
5. 論文  真空への吹き込み―物語理論から読むマルセル・バイアーの長編小説『オオコウモリFlughunde』― (単著) 2005/12
全件表示(11件)
■ 学会発表
1. 2011/10 鷗外文庫のシュニッツラー
■ 主要学科目
ドイツ語IA・IB、文学(講義)
■ 所属学会
1. 日本オーストリア文学会
2. 2014~ ∟ 幹事(文献)
3. 日本独文学会
4. 2011~2013 ∟ 文化ゼミナール実行委員
5. 2013~2015 ∟ データベース委員
■ 社会における活動
1. 2010~ DAAD友の会日独フォーラム企画委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014~  ドイツ語圏文学の現在 国内共同研究