(最終更新日:2017-07-04 13:46:31)
  タキオト ヨシユキ   TAKIOTO YOSHIYUKI
  瀧音 能之
   所属   文学部 歴史学科日本史学専攻
   職種   教授
■ 研究テーマ
日本古代史、特に『風土記』を基本史料として、地域史の研究をすすめている。『風土記』は従来から知られているわりには、その活用が十分とはいえない。また、用いられるにしても、国別に利用されることがほとんどであり、『風土記』を全体的な視点でとらえるということは、あまりなされていなかった。こうした研究状況をふまえて、『風土記』をひとつの編纂物としてとらえ、そこから日本古代の地域史像の確立をめざしている。
■ 学歴
1. 早稲田大学 第一文学部 卒業
2.
(学位取得)
早稲田大学 博士
3. 明治大学大学院 文学研究科 史学専攻博士後期課程 博士課程中退
■ 著書・論文歴
1. 著書  封印された古代史の謎大全 (単著) 2016/01
2. 著書  出雲大社の謎 (単著) 2014/11
3. 著書  出雲古代史論攷 (単著) 2014/02
4. 著書  古事記22の謎の収集 (単著) 2012/08
5. 著書  覆された古代日本史 (単著) 2011/01
全件表示(30件)
■ 学会発表
1. 2004/11 古代韓・日関係における地域交流の諸様相
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2004/02/15
2. 2003/11/15
3. 2001/07/25
4. 2001/04/10
5. 2001/03/27
■ 主要学科目
史料購読Ⅰ、日本古代史、日本史演習Ⅰ、日本史演習Ⅱ、日本史特講Ⅰ(大学院)、日本史学演習Ⅰ(大学院) 在外研究 韓国高麗大学校アジア問題研究所研究副教授(2002.04~2003.03)
■ 授業の進め方
演習に限らず講義の場合にも、一方的にこちらが進めるのではなく、学生の自発的発言の促進をめざしている。
■ 課外活動
あくまでも学生の主体性を尊重しつつ、夏休みを利用しての研修旅行・文書調査など側面的支援をおこなっている。
■ 所属学会
1. 延喜式研究会
2. 駒沢史学会
3. 出雲古代史研究会
4. 正倉院文書研究会
5. 木簡学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2004/04~2005/03  * その他の補助金・助成金 
2. 1993/04~2012/03  島根県古代文化センターの共同プロジェクト「出雲国風土記の研究」 国内共同研究