(最終更新日:2018-09-29 12:31:00)
  トヨダ タロウ   TOYODA TARO
  豊田 太郎
   所属   経営学部 経営学科
   職種   教授
■ 研究テーマ
アメリカ経済史・経営史研究
■ 学歴
1. 2000/04~2001/03 Pennsylvania Historical and Museum Commission 留学
2. 1998/04~2004/03 関西大学 経済学研究科 経済学専攻 博士課程修了 博士(経済学)
■ 著書・論文歴
1. 著書  北川勝彦ほか編『概説世界経済史』 (共著) 2017/04
2. 著書  関西大学経済史研究会編 『経済発展と交通・通信』 (共著) 2015/01
3. 著書  宇都宮浩司編著『リメディアル世界史入門』 (共著) 2014/01
4. 著書  ピーター・マサイアス(関西大学経済史研究会編訳) 『経済史講義録──人間・国家・統合──』 (共著) 2008/04
5. 著書  徳永光俊・本多三郎編 『経済史再考──日本経済史研究所開所70周年記念論文集──』 (共著) 2003/05
全件表示(13件)
■ 学会発表
1. 2008/10 「ビッグ・ビジネス体制下の独立系原油生産者――アメリカ保守主義の源流――」(アメリカ経済史学会第51回全国大会 統一論題「アメリカ経済史における中小企業」) Link
2. 2008/05 「企業と社会:上野継義「環境経営史によるアスベスト問題再考」(秋元・小塩編著『豊かさと環境』(シリーズ・アメリカ研究の越境第3巻)ミネルヴァ書房、2006年、所収)、谷口明丈「コーポレート・アメリカ」(久保・有賀編著『個人と国家のあいだ<家族・団体・運動>』(シリーズ・アメリカ研究の越境第4巻)ミネルヴァ書房、2007年、所収)への論評」(アメリカ経済史学会例会) Link
3. 2007/12 「19世紀アメリカ石油産業像の再構成に向けて──「オイル・ラッシュ」の本質──」(経営史学会北海道ワークショップ)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2012/04/01 関西大学経済史研究会編『経済史教材(2012年度版)』関西大学生活協同組合。
2. 2013/04/01 関西大学経済史研究会編『経済史教材(2013年度版)』関西大学生活協同組合。
3. 2014/04/01 関西大学経済史研究会編『経済史教材(2014年度版)』関西大学生活協同組合。
4. 2015/04/01 関西大学経済史研究会編『経済史教材(2015年度版)』関西大学生活協同組合。
5. 2016/04/01 関西大学経済史研究会編『経済史教材(2016年度版)』関西大学生活協同組合。
■ 主要学科目
経営史
■ 所属学会
1. 1998/10~ アメリカ経済史学会 Link
2. 2008/10~2013/09 ∟ 事務局(庶務)担当
3. 2013/10~2015/09 ∟ 理事
4. 2017/04~ ∟ 編集委員会委員
5. 2017/10~ ∟ 編集担当理事
全件表示(11件)
■ 社会における活動
1. 2008/09 「アメリカ企業社会の動揺――アメリカの夢,ミドル・クラスの蹉跌――」札幌大学公開講座「歴史認識を問うⅡ――日米の未来を考える」第5回
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2000/04~2001/03  "The Significance of Landownership in Oil Rush" その他の補助金・助成金  Link
■ 受賞学術賞
1. 2005/11 2005年度 経営史学会 学会賞 Link