(最終更新日:2014-05-28 11:39:25)
  イイヅカ ヒロノブ   IIZUKA HIRONOBU
  飯塚 大展
   所属   仏教学部 仏教学科
   職種   教授
■ 研究テーマ
中世日本における仏教の歴史を研究している。特に室町時代後期における禅籍抄物を中心に調査研究を行っている。
■ 学歴
1. 駒澤大学 仏教学部 卒業
2. 駒澤大学大学院 人文科学研究科 仏教学専攻 博士課程単位取得満期退学 修士
■ 著書・論文歴
1. 論文  中世曹洞宗における本参資料研究序説(四) (単著) 2000/03
2. 論文  中世曹洞宗における本参資料研究序説(三) (単著) 1999/10
3. 論文  一休に擬せられる仮名法語について(二) (単著) 1999/03
4. 論文  中世曹洞宗における本参資料研究序説(二) (単著) 1999/03
5. 論文  龍谷大学図書館蔵『大德寺夜話』をめぐって(一)‐資料編‐ (単著) 1999/03
全件表示(10件)
■ 主要学科目
専門教育科目において取りあげている典籍は、『沙石集』と『焦了記』(『首楞厳経抄』である。前者は中世における仏教者の多様な形態を読み取っていく視点から講読しており、後者は五山僧による経典の注釈方法・態度を中心に講読している。演習(ゼミ)では一休宗純の『狂雲集』を輪読している。
■ 所属学会
1. 日本印度学仏教学会
2. 日本近代仏教学会
3. 日本史研究会
4. 日本仏教学会
5. 仏教史学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   17世紀日本における中国・韓国の漢籍受容の分析並びに総合的研究 国内共同研究