(最終更新日:2017-12-11 16:42:12)
  モチマル マリ   MOCHIMARU MARI
  持丸 真里
   所属   総合教育研究部 自然科学部門
   職種   教授
■ 研究テーマ
①光合成生物の生体エネルギー変換に関連する研究。
②環境科学における植物性タンパク質に関わる研究。
■ 学歴
1. 早稲田大学 教育学部 卒業
2. 早稲田大学大学院 理工学研究科 物理学及応用物理学専攻博士後期課程 博士課程修了 博士
■ 著書・論文歴
1. 著書  Microbial Carotenoids from Bacteria and Microalgae: pp. 297-306 Characterization of Carotenogenesis Genes in the Cyanobacterium Anabaena sp. PCC 7120 (共著) 2012
2. 著書  Handbook on Cyanobacteria: Biochemistry, Biotechnology and Applications: pp. 399-428, Carotenoids, their diversity and carotenogenesis in cyanobacteria (共著) 2009/09
3. 著書  生物学データ大百科事典 (共著) 2002/06
4. 著書  『環境問題への誘い』北山雅昭編 (共著) 2000/03
5. 論文  Carotenogenesis diversification in phylogenetic lineages of Rhodophyta (共著) 2016/04
全件表示(26件)
■ 学会発表
1. 2004/08 “Carotenoids and carotenogenesis pathway in the cyanobacteria Anabaena sp. PCC7120 and Nostoc punctiforme PCC 73102”(13th International Congress on Photosynthesis)
2. 2000/08 “Tentoxin susceptibility of cyanobacteria”及び“Distribution of hydrogenase genes in several cyanobacterial strains and their roles in hydrogen production mediated by nitrogenase”(10th International Symposium on Phototrophic Prokaryotes)
3. 1998/08 “Interaction of tentoxin with CF1”及び“Photobiological hydrogen production, nitrogenase and hydrogenase activities of some cyanobacteria”(11th International Photosynthesis Congress)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2000/03 『環境問題への誘い』学文社 北山雅昭編 総頁数229頁中10頁担当
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2006/03 (共著)「文系学生を対象とした化学的環境調査実習の開発---植物葉に付着した塩濃度の測定---」駒澤大学文学部研究紀要第64号:39-48
■ 主要学科目
自然環境論、化学、自然誌
■ 授業の進め方
受講生の興味の方向や期待している授業内容の難易度などを常に把握できるよう、頻繁に意見を書いて提出してもらうなどの工夫をしている。また、高校理科の選択制により、受講者間で授業に関わる基礎知識レベルの差が大きいので、授業では基礎的事項から時事問題まで幅広い内容を扱うように努めている。
■ 所属学会
1. 日本植物学会
2. 日本植物生理学会
3. 日本生化学会
4. 2013~ 日本環境化学会
■ 社会における活動
1. 2010 「禅の友」連載「地球談話」